酒船石とは

奈良県明日香村岡にある遺跡物は、丘の上にある酒船石とその下にある亀形石と小判型石などを含めて、酒船石遺跡と呼ばれています。

しかし、酒船石と亀形石と小判型石との関連性を疑う意見もあり、事実はわかっていません。

田身嶺(とうのみね/多武峰とも書く)にあった両槻宮(ふたつきのみや)の一部、または入口施設との見解が有力視されています。

実際にこの地を訪れて、以下のような事実に気づきました。

正午 12:00になると

on every day

昼12:00になると、太陽と酒船石と亀形石が一直線に結ばれました。

それは大変な驚きで、また、とても不思議な事実でした。